研究思考を日常へ

「信頼」してもらえると人生が楽になる!?

こんにちは、ゼロです!

私は日々、

ゼロ

周りの方に「信頼」してもらえるように動きたいなぁ

と思いながら生活しています。

そんな綺麗なことを言っている私ですが

もともとは重度の人見知り

ゼロ

人とお話しするの無理だよー

誰とも一切関わらずに生きていく方法ないかな・・・

と考えていたほどです。

結論、

誰とも一切関わらずなんて無理!!

そんな私が、次に考えたことは

ゼロ

どうしたら嫌な思いをしないで済むかな

です。

何かされたわけでもないのに、何に怯えていたんですかね(笑)

紆余曲折を経てたどり着いた答えが

人から「信頼」してもらえる人になる!

でした。

この記事では、

  1. たくさんの人を観察してきた
  2. たくさんの人の教育をしてきた
  3. たくさんの人からの相談を受けてきた

私、ゼロ自身の実体験から得られた結論を基に

「信頼」してもらえると人生にどんなことが起きるのか

そして

どうしたら「信頼」してもらえるのか

の2点に重点を置いて解説していきます。

たくさんの方に読んでいただけると嬉しいですが

特に、私の様に人と関わるのが苦手で悩まれている方!!

自分の為にはもちろん、周りの人の為にもなりますので

この記事から「信頼」の大切さに触れ

ぜひ「信頼」を意識した人付き合いに挑戦してみてください!

ゼロ

それでは見て行きましょう!

「信頼」してもらえると本当に楽になる?

急に「信頼」とか言ってるけど

自分が楽になる未来なんてみえないよ!?

というようなご意見が飛んできそうですので、

先に、「信頼」してもらえると

どのようにして人生が好転し、楽になるのかをお示しします。

簡単にまとめると

周りの方に「信頼」してもらえる

応援してもらえる

自分に自信が持てる

自分の意見を言いやすくなる

自分の意見が通りやすくなる

困っているときに手を差し伸べてもらいやすくなる

もっと「信頼」してもらえる

上記の流れを繰り返す

のようになります。

  1. 応援してもらえる
  2. 自分に自信が持てる
  3. 自分の意見を言いやすくなる
  4. 自分の意見が通りやすくなる
  5. 困っているときに手を差し伸べてもらいやすくなる

この5つだけでも十分、自分の心に優しそうではありませんか?

私自身、「信頼」してもらえたからこそ思うことに

もっといろいろなことが出来るようになればもっと楽になるのかな!?

もっと「信頼」を意識していくことで、人の為になれることはないかな!?

などがあります。

以前よりも前向きに考えることが増えたように思います。

重度の人見知りで、何かに怯えていた私はどこに行ったのでしょうか(笑)

自分の考え方や行動次第で

ゼロ

人生はこんなにも楽しいのか!

と思うこともできました。

楽しいばかりではいられないのも事実です。

しかし

つらいと思っているときに、周りの方が手を差し伸べてくれたときは

本当に恵まれているなと思うと同時に

「信頼」してもらえるように取り組んでこられてよかったと心から思います。

極論になってしまうかもしれませんが、

人生は周りにいる人との人間関係で

楽しくつらくもなると考えています。

周りにいる方が自分に対していいイメージを持っていてくれたら

自分自身も過ごしやすい環境になると思いませんか?

「信頼」はその過ごしやすい環境に非常に大切なものです。

おそらく皆さんもそうだと思いますが、

私は

ゼロ

どうせなら楽しくしたいよね!

と思って生活しております。

娯楽的な楽しさだけではなく、

人生における人間関係や自分自身の成長

という意味での楽しさのためにも

ぜひ「信頼」を意識した生活を送ってみてください!

「信頼」してもらうためには

「信頼」してもらうことで楽になりそうなのは分かった。

けど僕なんかじゃ「信頼」なんてしてもらえないよ。

私の意見としては

ゼロ

絶対そんなことないから安心して!

になります。

私のような人付き合いが苦手な方は、

ある程度の期間は頑張らないとコミュニケーションが取れないかもしれません。

しかし、「信頼」してもらい始めれば自然と話しかけてもらえたり

人に話しかけやすい立場になれたりしますので

確実に楽になります!

それでは「信頼」してもらうにはどうしたらいいのかというと

最初は

自分の役割の精度を上げること

を意識してみてください。

逆にこれさえ出来ていれば「信頼」に大きく近づきます

例えば、

  • ミスばかりする
  • 自分もやらないのに人の悪口ばかり言う
  • 物忘れが多いのにメモするなどの改善をしようとしない

などのような人を「信頼」しようと思いますか?

上記のような悪い例に当てはまらないように

役割や取り組んでいることの意味を理解して行動することで

精度は確実に上がっていくはずです。

最初のうちは、精度を上げることさえ出来れば

自分で人にアプローチをしていく必要はあまりないと思います。

心に余裕が出来たら、他の人を手伝うなどのアプローチをしていけると尚いいでしょう。

実際のところ

精度だけ上げて待っていてもなかなか評価してくれない環境というのもありますので

余裕ができ次第、新しく手を伸ばしてみるのも手です。

他に「信頼」してもらえるように気を付けるべきことは

自分の役割のスピード感を大切にすることです。

頼んでいたことを

精度は高いけどいつも全然終わらせてくれない人

よりも

精度が高いうえにいつも早く終わらせてくれる人

の方が断然信用できますよね?

上記の手段は例でしかありません。

他にもたくさん出来ることがあります。

皆さん自身が

どんな人を「信頼」出来ると考えるか

また逆にどんな人を「信頼」出来ないと考えるか

それを基準に行動していくことでもっとたくさんの「信頼」してもらう方法は出てくるはずです。

信頼してもらいたくても、

信頼してもらうに値しない行動を取っていれば信頼なんてしてもらえない

これは当たり前のようですが

意外と忘れてしまっている人が多いようにも感じますので

定期的に自問自答してみてはいかがでしょうか?

まとめ

この記事では、私の観点から

「信頼」してもらえると人生にどんなことが起きるのか

そして

どうしたら「信頼」してもらえるのか

について解説をしてきました。

「信頼」してもらえることで

  1. 応援してもらえる
  2. 自分に自信が持てる
  3. 自分の意見を言いやすくなる
  4. 自分の意見が通りやすくなる
  5. 困っているときに手を差し伸べてもらいやすくなる

のような心に優しそうな良いことが起きます。

他にもたくさんいいところはあります!

これら良いことのおかげで

あれ?

人生って思っていた以上に楽しいかも!

と思ってもらえる人が増えることを願っています!

そのためにも周りの方に「信頼」してもらえるよう

皆さん自身の中で

どんな人を「信頼」出来ると考えるか

また逆にどんな人を「信頼」出来ないと考えるか

これらの基準を大切にしながら行動していきましょう!!

これからも前進していくための考え方や行動の仕方など、皆さんが豊かな人生を手に入れられるように情報を発信していきます!

今この瞬間から、自分自身の豊かな人生を思い描き、前進していきましょう。

ゼロ

みんなを笑顔に!

そして自分も笑顔に!

それでは、また!!