研究思考を日常へ

【たった1つ!】器用な人が意識しているコツとは?

こんにちは、ゼロです!

突然ですが

私は周りの方から

器用だねー!!

と言ってもらえることがそれなりに多くあります。

そんな私が意識していることは

ゼロ

やりながらもっとうまく出来る方法がないか探っているだけ!

です!

この記事では

器用な人が意識しているたった1つのコツ

について解説していきます。

不器用で何をやってもうまく行かないの。

不器用すぎていつも周りに迷惑をかけてしまっている気がする。

など

なかなか器用に物事に取り組めない方はぜひ試してみてください!

ゼロ

最初は難しくても、だんだん自然とできるようになるよ!

諦めなければ誰でも器用になれる!

ということで見ていきましょう!

器用な人が意識しているたった1つのコツ

早速ですが、

器用な人と言われることが多い私自身が

意識しているたった1つのコツ。

それは

作業に取り組む前と取り組んでいる最中に、

  1. こうすればうまく行きそうだな
  2. これをやったら失敗しそうだな

ということを全力で探ること

です。

もう少し具体的に言いますと

器用な人は下の①②③を自然としています。

①作業を始める前

教えてもらったことなどを含め

  • 失敗しないために気を付けないといけないこと
  • 自分がやりやすいようにするために必要そうなこと

などに関して仮説を立てています。

②作業中

実際に自分でやってみた結果

  • 思った通りだったこと
  • 逆に思った通りに行かなかったこと

を頭の中で軽くでも検証しています。

③次同じ作業をするとき

①と②でうまく行ったことだけを試していきます。

そして更に余裕があれば、より良くできるところを探っていきます。

これを繰り返して

うまく行ったことだけをどんどん積み上げていきます。

この①②③に少しずつでも取り組むことが出来れば

器用な人へ近づいていきます!

私が思うに器用な人

早い段階で仮説を立て始めて、実際に検証している人だと思っています。

仮説検証考察の大事さは以下の記事で解説していますので参考にしてみてください。

ここで1つ気を付けてほしいことがあります。

それは

作業前にうまく行く方法を考えすぎて、検証に進めないなんてことが起きないように!

です。

さっきちゃんと仮説立ててって言ってたじゃん。

というご意見が出てきそうですが

ここでのポイントは

作業前に考えすぎて行動に移せなくなること

がダメということです。

とにかくやらないことには始まらないので

実際に手を動かす前の整理はほどほどにして

実際に作業に進んでしまいましょう!

ゼロ

自分の体験から得られたノウハウは確実ですよ!

器用な人と不器用な人の決定的な違い

そうは言われてもそんな簡単にできないでしょ。

私には無理です。

と思った方も多いのではないでしょうか?

器用な人と不器用な人の決定的な違いは

自分にはできないと諦めてしまっているかどうか

だけだと思います。

あの人は器用でいいなー。

と思うだけで自分にはできないと思っている場合

絶対に器用にはなりません。

器用な人は

どうしたらもっとうまく行くのかを考えています。

それが習慣化してもはや息をするように

もっとうまく行く方法を考えている人もいるとは思いますが(笑)

おそらくそれは才能というよりも

繰り返してきた結果、瞬時にできるようになった

のではないかと思います。

不器用だと思っている人でも

上記①②③を繰り返せば必ず器用になれるはずです。

今からでも遅くはありません!

私にはできないという固定観念を捨てて

最初の一歩を踏み出しましょう!

ゼロ

小さな一歩も繰り返せば大きく進めるはず!

まとめ

この記事では

器用な人が意識しているたった1つのコツ

を紹介しました。

それは

作業に取り組む前と取り組んでいる最中に、

  1. こうすればうまく行きそうだな
  2. これをやったら失敗しそうだな

ということを全力で探ること

です。

この際気を付けないといけないことは

作業前にうまく行く方法を考えすぎて、検証に進めないなんてことが起きないように!

です。

ゼロ

うまく行ったことだけをどんどん積み上げていきましょー!

そして一つとても大切なこととして

不器用な人が器用な人を見て

自分にはできないと諦めてしまっているかどうか

があります。

自分は不器用だからと諦めず

仮説を立て、検証していくことで

必ず器用になれます。

ゼロ

最初の一歩を踏み出しましょう!

これからも前進していくための考え方や行動の仕方など、皆さんが豊かな人生を手に入れられるように情報を発信していきます!

今この瞬間から、自分自身の豊かな人生を思い描き、前進していきましょう。

ゼロ

みんなを笑顔に!

そして自分も笑顔に!

それでは、また!!