生きやすい環境へ

【人間関係が終わる!?】知ったかぶりをする人の末路

皆さんこんにちは!

ゼロです!

普段仕事などで

あー、知ってます。

あー、それも知ってますー。

と言っていたにもかかわらず

後々大なり小なりミスが発覚して

全然分かってなかったんかい!!

となってしまう人いませんか?

かく言う私も

ゼロ

今までたくさんのコミュニティに属してきたけど

一定数は必ずいるイメージ。

何度困ったことか・・・。

といった感じです。

経験がある方ならお分かりかと思いますが

たったこれだけで

人間関係ほぼほぼ壊滅します。

この記事では、

  1. 知ったかぶりをする人の末路
  2. 知ったかぶりをしないための考え方
  3. 知ったかぶりをする人への対応の仕方

の3つを解説していきます。

周りに知ったかぶりをする人がいて困る!

ついついあまり知らないことも知ってる雰囲気を出してしまう。

と感じているそこのあなた!!

ぜひ一度読んで、今日から行動を変えてみてください!

それでは見ていきましょう!

知ったかぶりをする人の末路

知ったかぶりをするとどうなるのか。

それは、

ゼロ

誰からも信頼されなくなります。

なぜかというと

端的に言えば、

嘘つき

だからです。

本人にそのつもりがなくても

知らないことを知っているということは

紛れもない嘘つきになります。

オオカミ少年のごとく

嘘をつく人間は結果として

誰からも信用されません。

知っているというからお願いしたのに

結果、出来ていないとなったら

その人を頼ろうと思いますか?

ゼロ

少なくとも私は頼りたいとは思わない。

人から信頼されなくなると

  1. やることなすこと、いちいちチェックされる
  2. 大切なことを任せてもらえない
  3. 最悪の場合、誰も得しない悪口の嵐が起きる

となります。

そんな環境で、生きやすいと思えますか?

私なら毎日が憂鬱です。

信頼を得ると人生が楽になるという記事を書きましたが

逆に言えば信頼してもらえないと人生ハードモードです。

ゼロ

知ったかぶりはしないようにしていきましょう!

知ったかぶりをしないために

今記事を読んでくださっている方の中には

知ったかぶりをしたくてしてるわけじゃないんだよ。

という方もいらっしゃるのではないかと思っています。

ゼロ

何を隠そう、過去の私です!

・・・自信満々に言うことではありませんね。

知らないと言ってしまったら

  • どう思われるかわからない
  • 話の腰を折ってしまいそう
  • 以前聞いた話かもしれない
  • そんなことも知らないの?と言われそう

と思ってしまっているのが理由でしょう。

しかしその時点で知らないものは

会話の最中どうあがいても知らないままです。

そのため知ってるふりをして

詳しい内容を聞かれてしまったら

待っているのは 絶望 です。

ではどうしたらいいか。

答えは単純明快。

ゼロ

質問をしよう!

になります。

人見知りの時と対応は似ていますね。

  1. 本当は知らないのに、知っているふりをする人
  2. 知らないからこそ、しっかりと質問をしてくれる人

皆さんならどちらの人と関係を築きたいですか?

誘導尋問みたいになってしまっていますが、

おそらく大半の人が②と答えるのではないでしょうか。

私自身、

適当に話を合わされてしまうより

自分の話を理解してもらえた方が

嬉しさを感じます。

雑談の最中であれば、話題に興味を示してくれたり

仕事中であれば、しっかりと理解して戦力になってくれたり

しっかりと理解してくれた方がありがたいのは事実なのです。

最初から大きな会議中に質問するのは難しいと思いますので

1対1など、少ない人数の時に質問をしてみてください。

これを繰り返していくことで、知ってることも増えます!

そしてその結果

知ったかぶりをする必要がなくなっていきます!

ゼロ

勇気を持って、質問できると良いことたくさんあるね!

何度も聞いていることなど

相手の時間を考えない質問は却って危険ですのでご注意ください。

知ったかぶりをする人への対応の仕方

知ったかぶりをする人へは

ゼロ

極力接しない。

です。

対応してないじゃん・・・。

確かにその通りですね(笑)

しかし、

何かを言っても知ったかぶりをされてしまうし

何か起きた時には全力で尻拭いをしないといけなくなってしまい

結果、ものすごい時間を無駄にしてしまうのです。

そのため

知ったかぶりをするような信頼できない人には、

極力接しないようにして

必要があれば浅めだけど、丁寧に接するのがいいと考えています。

どんな人でも雑に扱ってしまうと

こちらに非がでてしまうので丁寧にしましょう。

親切である必要はないと思いますが・・・。

ゼロ

信頼できる人に目を向けましょう!

まとめ

この記事では、

  1. 知ったかぶりをする人の末路
  2. 知ったかぶりをしないための考え方
  3. 知ったかぶりをする人への対応の仕方

の3つを解説しました。

知ったかぶりをしてしまうと

誰からも信頼してもらえなくなってしまいます。

ゼロ

知ったかぶりって、良いこと一つもないよね。

信頼を得ると人生が楽になる世の中ですから

逆に信頼してもらえないと人生ハードモードになります。

皆さん自身がそうならないように

知ったかぶりをせずに

質問をするようにしていきましょう。

質問を繰り返していくことで、知ってることも増えます!

その結果そしてその結果

知ったかぶりをする必要がなくなっていきます!

そして皆さんの周りにいる知ったかぶりをする人へは

時間を無駄にしてしまうことがないように

極力接しないようにしましょう。

必要があれば浅めだけど、丁寧に接するのがいいと考えています。

ゼロ

皆さんは、しっかり信頼されるように

知らないことを知らないと言える

勇気ある人になっていきましょうね!

これからも前進していくための考え方や行動の仕方など、皆さんが豊かな人生を手に入れられるように情報を発信していきます!

今この瞬間から、自分自身の豊かな人生を思い描き、前進していきましょう。

ゼロ

みんなを笑顔に!

そして自分も笑顔に!

それでは、また!!