研究思考を日常へ

「効率良く」が人生にもたらす最高のプレゼント

こんにちはゼロです。

突然ですが、私は

取り組んでいることを効率良く回すことに全身全霊で臨んでいる生き物です。

ゼロ

もうね、自分が効率悪いのは耐えられないよね

と、こんなことを言ってしまうと

そんなに効率ばかり意識して何になるの?

というような疑問の声を度々耳にします。

私個人としましては、

とにかく時間が欲しいのです。

もう一度言います。

とにかく時間が欲しいのです。

なぜかというと、

たくさん寝たいし

たくさん漫画も読みたいし

たくさん本も読みたいし

たくさんドラマや映画も観たいんです!!

ゼロ

・・・願望だらけだ。

やりたいことがたくさんあるからと言って

取り組んでいる仕事や勉強などをおろそかにするのは本末転倒です。

やることはしっかりやりつつも自由時間が欲しい

そんな我儘な私に残された道は

取り組んでいることの効率を良くする

のただ一つになります。

ここまで私情駄々洩れで進めてきていますが、

この記事では、

私が「効率良く」をオススメする理由と

誰にでも「効率良く」を意識できるようにする方法

に重点を置き解説していきます。

日常生活にも活かせる場面が多々ありますので

この機会にぜひ取り入れてみてください!

「効率良く」のメリット

私がなぜ「効率良く」回すことに全身全霊で臨んでいるかと言うと

同じ作業をしていたとしても、

効率を上げることが出来れば必要な時間が短くて済むからです。

必要な時間が短くて済む

ということは

時間が余るようになる

ということです。

時間が余れば

  • 休む時間をとることが出来る
  • 心にゆとりができる
  • 別の取り組みに時間をさける
  • などなど

「効率良く」した結果メリットがたくさん出てきます。

仕事を効率的に進めていくことで残業などを減らし

上記のような私の願望を叶えることもできるでしょう。

「効率良く」は、

人生において非常に貴重な

「時間」

をより有意義に使うための強烈な手段となります。

他に取り組みたいことがない場合でも、

もう少し楽に生きたいのになぁ

と感じている人こそ、「効率良く」を頭に置くだけで

誰にも迷惑すらかけず

むしろ逆に仕事の速さから「信頼」してもらえたりと

楽に生きるための要素も詰まっています!

「効率良く」する方法

とは言っても

効率良くしたいけどできないんだよー

というような悲鳴が聞こえてきそうですね。

「効率良く」するためにはいくつか押さえてほしいことがあります。

それは

  1. 全体像を把握する
  2. 「効率良く」できそうなところがないかを探す
  3. いろいろ試しながら進めていく

です。

①②③と数字はついていますが、どれも同時に進めていくイメージです。

①全体像を把握する

自分が取り組まないといけないことに対して

全体像もわからず「効率良く」するのは不可能に近いです。

例えば

どんなルートでも良いから山をなるべく早く登りきるゲームがあったとします。

目の前には、ここを進んでくださいと言わんばかりの道があります。

全体像を把握できていない人は

迷わずその道を愚直に進むでしょう。

山頂までくねくねと曲がりくねった登り道を一生懸命進んでいくことになります。

反対に

全体像を把握できた人は

横の獣道の先には、ロープウェイがあることに気付きます。

全体像を把握するためにスタートは遅れるかもしれません。

さらに獣道を進むことでより遅れてしまうかもしれません。

ですが、ロープウェイまでたどり着くことが出来れば

道中は楽になり、さらに山頂にたどり着くスピードも速いでしょう。

このように、

全体像を把握することで方針を定める必要があります。

②「効率良く」できそうなところがないかを探す

上記の例で言えば

ロープウェイを見つけるところになります。

愚直に上ることより、一直線で山頂を目指してくれるロープウェイは

非常に「効率が良い」でしょう。

このように、

今の自分が「効率良く」出来るところに目星を付けていきます。

③いろいろ試しながら進めていく

効率良くするために、何かしらを試しながら進んでいく必要があります。

  • スタートが遅れるかもしれないが、全体像を把握する時間を取る。
  • 歩きにくくて大変かもしれないが、獣道の先のロープウェイを目指す。

など、

決まった道をただ進むのではなく

他により良く出来る可能性がないかを考え、実際に試していきます。

最後の③は特に、仮説を立て検証し考察を繰り返していくことをオススメします。

これらを意識していくことで、自然と「効率よく」出来るようになっていきます!

「効率良く」のデメリット

「効率が良くなる」ことで発生するデメリットはありません!!

しかし

気を付けないといけないのは、

「効率良く」を考えている最中です。

一番よくあるシチュエーションとしては、

「効率良く」を考えるあまり、手が止まり一向に前に進めなくなることです。

これでは「効率良く」どころの話でありません。

ゼロ

こういうときは、何かしらを試しながら少しでも前に進むことを頭に置きましょう!

他には

上記の例で取り上げた

  • スタートが遅れるかもしれないが、全体像を把握する時間を取る。
  • 歩きにくくて大変かもしれないが、獣道の先のロープウェイを目指す。

のように、効率良くする手立てがある場合は最高ですが

最悪の場合、効率良くする手立てがない場合もあります。

「効率」どうこうよりも

愚直に取り組み続けることが最善手であるときもあります。

この際の判断材料として

自分自身が置かれている状況を把握する必要があります。

どういうことかというと

  • 今の自分にできるのかどうか
  • 自分が出来なくても誰かにお願いすることはできるのかどうか

など

これらがわからないと「効率良く」が達成可能かどうかすらわかりません。

ゼロ

「効率良く」出来るかどうかの判断には時間をかけすぎないようにしていきましょう!

まとめ

今回の記事では、

私が「効率良く」をオススメする理由と

誰にでも「効率良く」を意識できるようにする方法

を解説していきました。

「効率良く」は、

人生において非常に貴重な

「時間」

をより有意義に使うための強烈な手段です。

出来るだけ多くの方に

余裕を持っていただくためにも

  1. 全体像を把握する
  2. 「効率良く」できそうなところがないかを探す
  3. いろいろ試しながら進めていく

の3点を頭に置きながら

「効率良く」生活を送っていただきたいと思います!

これからも前進していくための考え方や行動の仕方など、皆さんが豊かな人生を手に入れられるように情報を発信していきます!

今この瞬間から、自分自身の豊かな人生を思い描き、前進していきましょう。

ゼロ

みんなを笑顔に!

そして自分も笑顔に!

それでは、また!!